<   2014年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

第4回まえばし赤城山ヒルクライム 優勝

台湾で緩みまくってズトンとコンディションが落ちてしまい、DNSも考えた赤城だったが目を瞑って参加。

起床体重53.6kg。

毎年このレースは前日が運動会なので昼に手作り弁当をガッツリ食べて、夜も残りをガッツリ食べて、という感じなので減量は無理。

330に家を出て530くらいに到着。当日受付。
この時期どうしても運動会と被る家族餅にはありがたいが、今年から当日受付料として2000円。むむむ。。。

スタート位置は自己申告タイム順(ゼッケンの番号がそうらしい)とのことだったが、既にスタート前にはズラーーーーっとコマさんもんげーな自転車の列。
ルール的には入っても良いはず?いやしかし、この中にしれっと入れる度胸はやはりなく、すごすごと最後尾に回ってスタート。

今年は先陣を切る招待選手が不在で、集団の動きは鈍い。
と思われるのだが、自分の脚は早くもギリギリまで追い込まれる。
後ろからスタートしてしまったので早く前へ上がりたいのだが状況を改善できない。

一列でどんどん人数が減っていくなどとなれば、自分だけが辛いんじゃないんだなと思えて、苦しいなりにも救いがあるものだ。
ところが自分だけが辛いらしいぞとなるとこれは穏やかではない。

そうこうしている間にパパクライマーと大野さんの二人逃げが出来る。
二人逃げと後方大集団の構図でレースは進む。
差は10秒~くらいだろうか?
見通しは良好すぎるので逃げるには不利だけど、「自分達のペースで走っていたら自然に」とパパクライマーは言っていた。

個人的にはこの逃げは警戒していた。
大野さん、そしてパパクライマーが本来の力を発揮すればそのまま行ってもなんら不思議ではない。
許容できるのは30秒くらいまでかなと考える。

逃げは長く続き、半分を過ぎたところで捕まる。
その後もグループはまだまだ人数が多く、相変わらずマイペース。
これは歓迎するところ。
僕としては大過なく距離を消化してスプリントになるのがベターな選択だ。

新たな逃げが出来たりして動きが活性化するのは御免なので、インチキアタックをしてグループに蓋をしようとする。
多少風を受けても自分のペースで走れる方がずっと楽だ。

しかしそんな台所事情を知る由もない宮本さんがグイグイとグループを引っ張っていく。
(というか宮本さんは全行程の8割くらい引いてます)
これはマズイと追いすがって先頭交代という名の蓋をかけにいこうとするが、全然聞く耳をもってくれない。(当たり前)

そのうちに消耗が激しくなってきたので諦めて後ろへ下がる。あとは辛抱するしかなかった。
とはいえこのペースでかなりリストラは進んだようだ。
人数はいつの間にか6人程度になっていた。
残っているのは皆、力のあるレーサーであるし、榛名ヒルクライムチャンピオンの高校性も入っている。
若さの爆発力は非常に怖い。

スプリントといってもリスクのある短距離スプリントは避けたく、自分の射程の中距離のスプリントにもっていきたい。
人は少なければ少ないほど良い。
でも単独で行くにはどうにも自信もない。。

そんなんで残り2~3kmくらいから宿谷さんに「二人で抜けてみませんか?」と持ちかけようと考える。
けれど僕なんかはむしろ切りたいはずだよなぁとも思い、それはやめた。

結局その後も淡々と進み、1km切った辺りで行こうかなと思っていたところで宿谷さんがアタック。
一人だと若干長いけど、掛け合いながら行くなら短い。
後先考えずに反応する。これはヤビツの再現なるか。

ところが、さぁ、交代して。。というところで宿谷さんは途中でやめてしまった。
なぬー。。。(勢いでちょっとハスってしまった。すいません。)

脚はパンでヤバイものの、脳内物質的には引くに引けないのでそのまま単独で突っ込む。
とはいえ後ろの様子も見ながらの、ディフェンス気味なアタック。
(意味不明でも「な」をつけるだけで何でも形容詞になる日本語って素敵だ)

やはり一人では若干尺が長い。
想定よりもカーブ1つ半くらい長くて後ろが気になった。

そんな迷いを抱えつつも後ろはそれなりに離れていたので、ホームストレートに向かうところで覚悟を決めて本スパート。
ゴールした。

スローペースに命拾いし、最後に自分の得意な展開になるという幸運に幸運が重なり、思いもよらない好結果となりました。
超消極的であったことは否めません。。

c0208218_19524876.jpg
ブースは毎年盛り上がっています。
c0208218_1953743.jpg
大容量ケーキ切り落とし50円と100円でゲット。これでブタになるって決めたんだ。。
c0208218_19525935.jpg
昼食。「うん、うん、これこれ。」とかブツブツ言いながら孤独のグルメ気分。
c0208218_19571378.jpg
今回は家族がいなかったので。
c0208218_19572639.jpg
写真を撮って頂きました。ありがとうございました。
c0208218_19573430.jpg
あかぎ団?ご当地アイドル?
c0208218_19574339.jpg
親衛隊さんのジャンプ力がすごかったです。
[PR]
by condle1 | 2014-09-29 23:57 | レース

運動会と誕生日と

c0208218_20353982.jpg

c0208218_20355446.jpg

c0208218_2036193.jpg

[PR]
by condle1 | 2014-09-27 20:36

白石一本 ■23分6秒

体重52.2kg。

バイクはアディクト。

なんとか練習時間を確保。

c0208218_10123155.jpg
コンディションは普通、か、やや疲れ気味。

往路133W。
27.4km/h、1時間51分。

もう金曜なので8割5分くらいでいくつもりがヒートアップしてくる。

水場10分9秒、259W。

しかし身体がついてこないようでギアがローに張り付く。

白石
■23分6秒 258W 71回転 4.94W/kg

酸欠まで追い込んだあげく23分も突破できなかった。

c0208218_1012427.jpg
しかし野暮なことを抜きにすれば本当に良い季節だ。
走っていて最高に気持ちが良い。

往路77W。
[PR]
by condle1 | 2014-09-26 10:12 | 白石峠

グリコピア

c0208218_197895.jpg

c0208218_1972625.jpg

c0208218_1973425.jpg

c0208218_1974668.jpg

[PR]
by condle1 | 2014-09-25 22:40

台湾4日目

c0208218_17211888.jpg
九份の朝。見渡すは太平洋。

c0208218_17215198.jpg
散歩しながらバス亭へ。金瓜石に向かう。

c0208218_17222284.jpg
黄金博物館。

c0208218_17232568.jpg

c0208218_17234446.jpg

c0208218_1723542.jpg
どこへ行けども、日本との関係は切っても切り離せない。

c0208218_17241260.jpg
黄金神社。

c0208218_17242934.jpg
倖田來未の好物という花生捲冰淇淋。
c0208218_17244798.jpg
手早く手作りしてくれる。付け合わせのドクダミのようなものは。。。だった。
c0208218_1725545.jpg
潤餅皮+花生粉+兩球冰淇淋で無敵好吃!

c0208218_17255387.jpg
弁当を買う予定だったけど満腹すぎてもう食べられない。

c0208218_17264622.jpg
黄金滝。

c0208218_17265772.jpg
再び十份へ。ここの雰囲気が一番好きだ。

c0208218_17271410.jpg
夢と。

c0208218_17272249.jpg
願いを載せて。

c0208218_17273077.jpg
飛んでけ~~~~~~~~~。。。。。

c0208218_17312865.jpg
(危うく電線に引っかかって墜落しそうになる)
近くの観光名所として十份瀑布という滝があるのだが、民間から国営になり調整中とやらで閉鎖されていた。残念。

c0208218_1732824.jpg
元炭鉱の博物館へ。

c0208218_17333011.jpg

c0208218_17333897.jpg
十份駅から10分ほど歩き、受付から車で移動。

c0208218_17322093.jpg
なぜ西洋風のイケメンか?

c0208218_17323198.jpg
注意!獨眼小僧。つまりトロッコ。

c0208218_17324123.jpg
乗れる。動く。楽しい。

c0208218_1734588.jpg
小腹は空く。

c0208218_17341939.jpg
一見、ただの人形焼き。

c0208218_173559.jpg
しかし中に入っているのは餅とピーナッツ餡。
とにかくなんでも包んどけというのが中華の神髄だろうか?
こういう芸当をよく考えつくなとつくづく感心してしまう。。
甘いもの好きにはたまらない。

c0208218_17353253.jpg
が、しかし。茶やミルク、豆乳なども基本甘い。
BLACK TEAと書いてあるペットボトルの茶を飲んだら砂糖水のようで吹きそうになったこともあった。
私はカブトムシかと。。

c0208218_1735446.jpg
そんなんで飲料系は爆弾が多いので、マンゴーかレモン系をチョイスするのが無難かと。
甘さを調整してくれる店もあるけど言葉が分からない。

c0208218_1737339.jpg
十份を最後に帰国。

c0208218_17374058.jpg
今度は自転車で回りたい。
[PR]
by condle1 | 2014-09-23 21:17

白石2本 ■24分21秒 ■23分11秒

体重51.6kg。

バイクはアディクト。

c0208218_11425155.jpg
往路124W。
25.1km/h、2時間1分。

おっそい。が、前回よりはまともに走れそうな雰囲気。

とりあえず様子見で上がる。

水場10分42秒、256W。

白石1本目
■24分21秒 242W 77回転 4.68W/kg

c0208218_1143863.jpg
追い詰められているので久しぶりにおかわり。

1本目よりギアを入れる。

水場10分22秒 266W。

白石2本目
■23分11秒 257W 76回転 4.98W/kg

最大限に努力してこんな感じ。

c0208218_11431724.jpg
うーん。判断が難しいぞ。。
せめてもう一回走れれば良いんだけど、多分台風で潰れそう。
このまま本番ていうのは玉砕もいいとこだ。

往路104W。
[PR]
by condle1 | 2014-09-22 18:33 | 白石峠

台湾3日目

c0208218_1821999.jpg
花蓮に戻り、再び海に向かう。

c0208218_18213781.jpg
鯨世界のホエールウォッチング。
1時間、2時間、3時間コースがあって、時間がなかったので1時間コース。

c0208218_18215220.jpg
野生のイルカを見たのは初めて。船と一緒に泳いでくれる。

c0208218_18244940.jpg
ホエールウォッチングといっても鯨に遭遇するのはなかなか難しいはずだ。
そんなんでやはりイルカだけだったが、それでも天気も良かったしラッキーだった。
海と山が非常に近い。

c0208218_18254317.jpg
台北へは飛行機で戻る。
NT$1100なので3000円ちょいくらいだろうか。安い。

c0208218_1826256.jpg
台北から瑞芳へ。
そこから平渓線に乗り換える。
台湾は路線も駅も少ないので初めてでもすぐ覚えられる。
てか、東京が異常。

c0208218_18264354.jpg

c0208218_1827475.jpg
平渓線の一日周遊券。
日本に持って帰ると江ノ電の周遊券に変えてもらえるという特典付き。
逆パターンもおこなっていて、しかも使用済みでもOKという太っ腹具合。

c0208218_18272478.jpg
十份へ到着。激混。

c0208218_18274257.jpg
しかし電車がいなくなれば線路が歩行者天国になる。
1時間に一本しか来ないとはいえ、日本ではちょっと考えられない。。

c0208218_18281068.jpg

c0208218_18282076.jpg
手羽の中にご飯が包まれている。これが一番美味しかったかな。

c0208218_18282982.jpg

c0208218_18284082.jpg
猪肉のソーセージ。ニンニクをかじりながら食べる。こちらも非常好吃~。大体どこでも売っている。

c0208218_18291317.jpg
十份名物、天燈。
願いを書いて気球のように浮かび上げる。色によって150元~から。

c0208218_182927100.jpg
火が付いたものをポンポン飛ばすとか、ゴミはどうなるのだとか、これまたツッコミどころが多いのだけど野暮なことは言わない方がいいのだろう笑

c0208218_1829414.jpg
各々願い?を描く。

例に漏れず自分も挑戦するのだが途中で電車が来てしまい、書くだけ書いて持ち帰ることになるハメに。
明日また来て飛ばことになる。

c0208218_183096.jpg
同じく平渓線の侯硐。
ここは猫の街なのであります。岩合さんの世界猫歩きにも出てきます。

c0208218_18301824.jpg
もう暗くて写真が撮れなかったけど、上下左右いたるところ猫だらけ。

c0208218_18302681.jpg
またゆっくり訪れたい。

c0208218_18304013.jpg
日本人大好きの九份に到着。

c0208218_18323893.jpg
金鉱が閉じてからはとても寂しい街だったのが、ここ最近で様変わりしたのだとか。
ほとんど日本人と韓国人と中国人。

c0208218_1832488.jpg

c0208218_18325957.jpg

c0208218_1833960.jpg

c0208218_18331985.jpg
魚丸湯+乾冬粉+豆干包。90元。我饱了~。

c0208218_18333182.jpg
芋圓綜合冰。

c0208218_18333833.jpg
黄金芒果冰。我饱。。

c0208218_18334883.jpg
杏仁茶。饱死。。。

c0208218_1834065.jpg
芋粿。QQな饅頭。限界なのでお土産。。

c0208218_18341776.jpg
裏方でアンちゃん達が神業のごときスピードで作成している。

c0208218_18344632.jpg
阿妹茶樓。千と千尋のアレになったというお茶屋さん。

c0208218_18351583.jpg
温かい方が香りが楽しめるのだろうけど、暑くてしょうがないのでcoldで。

c0208218_18355510.jpg
喧噪の中ボーっと夜景を眺めていると、違う国というか違う星に来ているような感覚に。

c0208218_18362076.jpg
晚安~。。
[PR]
by condle1 | 2014-09-20 23:40

台湾2日目

二日目。
花蓮の観光。

c0208218_11585058.jpg
花蓮の松園別館。
c0208218_11594783.jpg
戦中は特攻隊の宿泊施設として使われ、飛び立っていったという。
c0208218_1203287.jpg

c0208218_12007.jpg
現在は太平洋を見下ろす美しい庭園として開放されている。

c0208218_1212839.jpg
七星譚。
c0208218_1213998.jpg
砂ではなく、河原のような丸い石が敷き並ぶ美しい海岸。

c0208218_17124756.jpg

c0208218_122449.jpg
清水断崖。
海と空の青さが息を呑むほど美しい。

海から山へ移動。

c0208218_1225394.jpg
太魯閣は激しく切り立った岩の渓谷。
c0208218_1231171.jpg

c0208218_1232056.jpg
よくこんな所に道を通したものだ。岩をそのままくり抜いたような造り。
そんな場所が場所がだけに、崩落もよく起きているらしい。
c0208218_125264.jpg

c0208218_1251150.jpg
桁違いな大きさの岩がゴロゴロしている。

c0208218_127022.jpg
サイクリストが多く、かの有名なヒルクライムレースも行われている。
僕も来年は自転車で走ろうかなぁと思う。(サイクリングで)
先に続く武嶺、合歓山はまるで乗鞍の兄弟のような景観だ。

c0208218_1281793.jpg

c0208218_1273469.jpg
ハイクできるコースが幾つか整備されている。なかなかスリリング場所もある。
c0208218_1274480.jpg
コースによってはヘルメットも用意してくれているが。
c0208218_12191189.jpg
こんなのが降ってきたらひとたまりもない。。
c0208218_12113557.jpg

c0208218_1275587.jpg
水が滝のように降ってくる洞窟。

c0208218_12204098.jpg
燕の巣?
c0208218_12333540.jpg
カラフルな寺院は流石中華らしい。
c0208218_12273597.jpg
天祥にてレスト。渓谷の真ん中で一泊。

c0208218_12265777.jpg
太魯閣族という原住民を模した歌と踊りの夜会。
[PR]
by condle1 | 2014-09-19 18:38

物見山

体重52.2kg。

いつも通りの白石へ、、であったが、物見山で200Wにも乗らず。
これは話にならんとUターンして撤収。。

シーズン終わったか?
c0208218_11282412.jpg

[PR]
by condle1 | 2014-09-18 12:25 | 練習

台湾1日目

せっかくなのでマッタリ上げていこうと思う。
私、初めての海外です。。

c0208218_111326100.jpg
羽田の飛行機が朝一だったので大江戸温泉物語に前泊。
泊といっても大部屋に雑魚寝みたいな感じ。
それでも静かだしマットレスのようなものが用意されていて必要十分。

弱虫ペダルとコラボしていた。僕は全く見たことないんだけど面白いのだろうか。
シャカリキ至高が思考のオジサンなので。。

1日目。

c0208218_11134978.jpg
台湾総督府。
東京駅設計の辰野金吾の弟子の長野宇平治という方が設計したらしい。
そんな訳もあってか東京駅ライク。
最初は中央の塔はもっと小さいものだったらしいが、権威を象徴するために高くしたとか。
そして赤と白の日本カラーが主体となっている。

c0208218_11141123.jpg
蒋介石の中正記念堂。
我々海外の観光客には人気だが、現地の人的には政治的なものを含んでいることもあって微妙な施設とかなんとか。

c0208218_11142826.jpg
毎正時に行われる衛兵の交代式。

c0208218_11145980.jpg
忠烈祠。
誤解を恐れずいえば、日本でいう靖国神社。

c0208218_11264792.jpg
入り口の門に佇む二人の衛兵は初めは人形かと思っていた。
それくらい全く微動だにしない。難儀な仕事だ。。

c0208218_1115696.jpg
やはり衛兵の交代式がある。

c0208218_11151577.jpg
台北の都市鉄道(MRT)はいわゆるsuica化されている。
面白いのは券売機で購入する切符的なものもメダルにてタッチ式になっている。
どー見ても子供のおもちゃのようなスカスカプラスチックメダルなのだが、この中にICが入っているのだろう。
出る時は投入口にて回収される。

c0208218_1116885.jpg

c0208218_11161921.jpg
思慕昔のかき氷。
かなり攻撃力高いですね~。。そこまでやるか!っていう。

c0208218_11163047.jpg
北投温泉へ。
統治時代は神風特攻隊などの日本兵の湯治に用いられていたという。一風呂浴びる。

c0208218_1117352.jpg
監察院。
台湾は立法、司法、行政、監察の四院。
統治時代に作られたものが修復されながら今も使われている。
大きな戦火を免れ地震の少ない台湾には近代日本の建築物が日本よりも多く残っている。

c0208218_11172020.jpg
普悠馬号で花蓮へ移動。
いわゆる特急で新幹線ではない。台北-花蓮で2時間ちょいくらい。
この列車のチケットはプラチナ化していて、ツアーなどをかまさないで普通に手に入れるのは相当困難らしい。
列車内は非常に快適。

c0208218_11173257.jpg
花蓮の自強夜市。

c0208218_11175185.jpg
臭豆腐。発酵させた液に豆腐を漬けこんで揚げたもの。くさやみたいなものか。
腐食フェチな僕には好吃~なのだが、これは激しく好みが分かれるだろう。

c0208218_11183796.jpg
色々食べたいのだが現状、胃袋が小さくなっている状態なので全くキャパが無い。。涙

c0208218_11252743.jpg
初日で早くも我饱了~。。
[PR]
by condle1 | 2014-09-17 11:22