第二回まえばし赤城山ヒルクライム 優勝

赤城山ヒルクライムに参加してきました。
距離20.8km、標高差1313m、平均勾配6.4%。
ヒルクライム王道のコースプロフィールですね。

起床時の体重は53.5kg。
運動会のお弁当を食べ過ぎたようだ。
乗鞍と比べたら+1.5kgとなってしまっているが、フィーリングや練習のタイム的にも、もう再現不可能かと思われた乗鞍前よりも更に良いと感じる。
しかしながら練習で良い時は本番駄目のジンクスが個人的にあるのでまぁ慎重に。。という感じ。

エキスパートクラス、要注意すべき選手は乗鞍12位の小山田選手、13位の宮本選手か。
VAXの長沼さん、黒岩さん、森本さんも居るが今回はOPN参加。良かった。。

良い意味で緊張感無く、リラックスしてスタート。
こういうレースもないとね

しばらく森本さんがペースを作る。

山の中へ入っていったところ(20分過ぎくらい?)で森本さんが下がり、前に5人くらいが少し抜ける。
後ろで少し静観していたが、そのまま行きそうだったのでダッシュで追走。

先頭は宮本さん。これがなかなかの引きペース。
元々強いが、ここ1、2年、更にレベルアップしている印象を受ける。
乗鞍の後のレースも二連勝でモチベーション維持していそうだ。

先頭グループはOPNの黒岩選手、宮本さん、小山田さん、小山さん、僕。の5人で決まった。

中腹に入っていき、宮本さんが脚が吊り、下がると黒岩選手、小山田さんを中心に回り始める。
スイマセン、この中盤辺りは坂が合わず僕は後ろの方で引きこもっていました。。

この中で分からない選手は小山さん。
明らかに若い。。そしてエキップアサダのジャージを着ているぞ。
走りを知らない選手というのはやはり不気味だ。僕の中でかなり要マークとなった。

そして15km過ぎてくると小山さんも軽さを見せ前を行く。全体的にペースが上がってくる。
僕も尻上がりに調子が上がってきて、良い時のパターンだった。

僕はスプリントで良いと考えているのでこのまま現状維持。
勾配や風のキツいところでは自分にダメージを残さない範囲でペースをジワっと上げておく。

ところが残り1kmと少しくらいで黒岩さんがアタック。
これは願ったり叶ったりだった。これに乗らせてもらう。後ろは。。離れた。

最後のコーナーを抜け、ゴールへの直線600mへ。
黒岩さんのスピードが落ちたので交代でグ~っとギアを掛けてみる。
あー、、、なんか幾らでも掛けられそうな感じ。こういうのすごい久しぶりだ。

ゴールを前にしながらこの瞬間がなんか一番嬉しかった。
後続との差を確認しながらゆっくりゴール。勝った。

今回は練習の成果をキッチリ出せたと思う。
素直に、嬉しいです。
[PR]
by condle1 | 2012-09-30 20:08 | レース
<< まえばし赤城山ヒルクライム フォト まえばし赤城山ヒルクライム >>